スーツの扱い方も知っておきましょう

暖かい季節になると、外出先などでスーツのジャケットを脱ぐこともあるでしょう。
その際、ただ脱いで置くだけではいけません。
シワになりますし、スマートではないです。
サラリーマンはスーツの着こなし方だけでなく、外出先での扱い方も熟知しておきましょう。
ジャケットを脱いだら前ボタンを外し、左右の肩の部分に手を入れて持ちます。
ラペルを立てて伸ばし、入れた両手を拝むようにして左右の肩の線を合わせるようにしましょう。
そして、合わせ目がずれないように、片方の肩にもう片方の肩部分を覆い被せます。
それから、被せた身頃を裏返すように反対側に重ねましょう。
上襟の中心を持つのが基本です。
それから脇の部分を折り返して、身頃の幅に合わせます。
最後に身頃を半分に畳んで完成です。
それなりの手順を踏まないといけないので面倒と思うでしょう。
しかし、サラリーマンにとってスーツはとても大事なものです。
これぐらい丁寧に扱うのが当たり前です。